スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 | page top
良かとこ熊本
昨日は阿蘇のカザルで出店させて頂きました。
お陰様でシフォン、おにぎりは完売いたしました。
感謝、感謝です(^人^)

ここは本当に最高のロケーションで、昨日はお天気も良くて言うことナッシングでした。
日々こんな大自然の中で過ごせるって、ものすごい幸せな事だなと思います。
近くには温泉もあり疲れた体を癒せます。

私、これまでの人生を「トカイナカ」で過ごしてきたわけですが、最近改めて土のある生活の重要性を感じてます。
物質に溢れていて夜でも明るい都会も、確かに便利だったり楽しかったりもしますが、どんな環境の中で生きていくかを考えたとき、やはりビルやマンションに囲まれている所より山や川が見える所の方が心地よいと思いました。

熊本は本当にいい所です。
熊本を巡っているだけで一生を満喫できるんじゃないかと思う位です。
でも日本全国あちこちに行ったわけではないので、他にも素晴らしい所は沢山あるんでしょうね(^.^)
放射能汚染されてなければの話ですが。

↓カザルさん。機会があったら是非保養にでも行ってみて下さい。
イヤシロチですよ!
http://www.kazaruhall.com/index.php?FrontPage
スポンサーサイト
[2013/05/06 10:52 ] | ふと思った事 | コメント(0) | トラックバック(0) | page top
そして1年経ちました
今日で丸1年です。
関東を離れいざ熊本へ~

息子達を連れ、母子生活のスタートを切り、なんとかかんとか1年間過ごして参りました。

はぁ…熊本に来てまず感じた事。思った事。

春休みにりーたんが公園で走り回って芝生の上に寝転がってはしゃいでいる姿を遠目に見て、感慨深くなり涙が出たなぁ…

ベランダに洗濯物を干せる事がありがたいと思ったなぁ…

震災後、布団を干すという概念が失われ、熊本にきても暫くは干せなくて、「あっ、布団、干していいのかも…」なんて思ってやっとこさ干したなぁ…太陽を浴びた布団がふかふかで気持ちよかったなぁ…

スーパーの野菜が熊本産ばかりでいちいち感動したなぁ…



今はりーたんもすっかり熊本弁たい!

エンジョイ熊本ライフばい!!
[2013/03/18 21:02 ] | ふと思った事 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
3.11…あれから丸2年です
2011.3.11(金) 14:46 東日本大震災発生


あれから丸2年が経ちました。



あの時…ドラゴンは学校の教室、りーたんは発熱の為学校を休み布団の中、ひーとんは昼寝中。
私はパソコンにむかっていました。

「ん…!?地震だ!!」
そう思った直後、これまでに体験をした事のない揺れの大きさを感じました。
幸いなのかどうか、りー&ひーは元より布団の中にいたので、私はその布団の上から二人を覆いました。
そして、台所からはガチャンガチャンパリンパリンといった皿やグラスの割れる音。
食器は見事に棚から飛び出し、床に置いたままにした醤油瓶を直撃し、割れた硝子と醤油まみれとなりました。

数分で揺れが収まったと思ったら再び大きな揺れがありました。
家は築数十年の中古なので、崩れるかと思い外に逃げられるようにひーとんをおんぶする事に…

何だかその後は思考も時間も止まったようになり、ただ外に出たり家に入ったり、何をどうしてよいか分からず、気づけば日が暮れて辺りは暗くなっていました。
本当に不思議な感覚でした。
私の頭の中の時間の感覚と、実際の時間の経過にズレを感じたのです。
ずっと不安でドキドキしながら何していいか分からず、オロオロしてても時は過ぎ去って行くんです。
夕飯の準備もままならず何も手につけませんでした。
そんな中無事にドラゴンが帰宅しほっとしました。

そして原発事故。

私たちの生活は原発事故により何もかもが変わってしまいました。

私の人生の中でこのような事態になるなんて思ってもみなかったことです。
放射能汚染であらゆる物、あらゆる事が分断され、嫌でも人生観を見つめ直さなければいけない状況におかれました。

そして、東電や日本という国の体質。
ここまで隠蔽されると思わなかったです。

「直ちに影響はない」
「絆」
「復興」
「風評被害」

これらの言葉にどれだけ傷つき振り回されたことか…


東北のみならず低線量汚染された関東。
とにかく子供の命を守るべく母子で避難を決意した人は沢山います。
でもまだまだそれを理解してもらうことは難しいと思いました。
なぜ千葉から避難?と…
確かに東北は地震による被害は大きかったと思います。
でも放射能汚染は東北だけに留まらず関東にまで広がりました。
実際は北半球位と思いますが。

ここ熊本で母子生活を余儀なくされてる家庭は増えています。
でも殆どの方は支援もなく自力で生活を成り立たせています。
完全二重生活という状況。
本気で偽装離婚でもして母子手当てをしてもらった方がいいんじゃないかと、誰でも一度や二度は思った事があるんです。

本当に皆切羽詰まりながらも子供の健康を損なってはいけないと必死です。

国や行政はこのような状況を理解しているんでしょうか!?

なぜ再び原発を稼働させようだなんて事が言えるんでしょうか?


親は子供の命を守りたいだけ。
そんな当たり前の事が、そんな心の叫びがなかなか届かないのです。


もう二度とこんな過ちを繰り返してはならないのです。


そして、そして、誰一人として関係ない事ではないというのを自覚してください。
遠い場所で起こったこと、自分に影響はない、そんな風に思わないでください。
全ては繋がっています。何もかも。

どうか、どうか、3.11に起こったことを忘れないでください。
子供達は国の財産です。
かけがえのない財産です。
大事な大事な命です。





私は絶対忘れない。



[2013/03/11 17:30 ] | ふと思った事 | コメント(10) | トラックバック(0) | page top
pm 2.5
ここ熊本はpm 2.5で大騒ぎです。

確かにpm 2.5により大気が汚染されていることでしょう。
子供たちにもマスク必須です。

先日の注意勧告で菊池市ではお別れ遠足は中止となりました。
熊本市は、児童にマスクの配付、遠足は早目に切り上げるといった対応でした。

このような対応はありがたいと思います。

そして私が思うことは、このpm 2.5は、放射能汚染と同じと思わされているという事。
下手したら放射能よりpm 2.5の方が大変な事態になっていると思わされている事。

pm 2.5も確かに大変な問題とは思います。
かといって放射能汚染がなくなったわけではないし、絶賛駄々漏れ中には変わりないのです。

九州に移住しても意味がないと思う方もいらっしゃるでしょう。
でも可能な限り子育て世代の方は移住してほしいと思います。

日本は自国で起こった原発事故による放射能汚染は安全基準を高めて問題ないと言い、中国からの大気汚染物質については危険性を促す。
放射能汚染の為にマスクすることは風評被害とみなされる。
pm 2.5が暫定指針を越えたら行政はマスクの配付をする。

pm 2.5に関しては予防原則を、放射能汚染に関しては、国民の皆さん、なかった事にしてくださいと。
日本はそういう国です。

地球規模で汚染源となってる日本は、放射能安全説を広めないとお偉いさん方が困るんです。
そのためには子供たちの命がどうなろうとおかまいなしです。
福島の人を逃がせ!いやいやとんでもない。福島の人はずっとそこに住み続けてもらわないとお偉いさん方が困るんですよ。
日本はそういう国です。

放射能汚染を全国に広め、全国的に平均して健康被害がでれば、要因は放射能による影響以外のものだと言いやすくなる。
pm 2.5が危険だと言ってれば、放射能による被害だとしても揉み消されてしまう。
そんなことを狙ってるんです。
日本という国は。


勿論pm 2.5も対策をしていますし、どうにかしてほしいところです。
ただそれとは別に放射能問題は計り知れない被害を既にもたらしている事実があり、全く収束していないということです。



[2013/03/08 15:25 ] | ふと思った事 | コメント(2) | トラックバック(0) | page top
呼び名
子供を産んでから、「○○君ママ」と呼ばれる事が多いけど、なんとなぁ~く私自身を呼ばれてる感がうすいなと思うのは私だけかしらね…
それがいいとか悪いとかではないのだけど、あくまで、○○君のママだなぁと。


で、私自身、熊本に来てから新しく出会った方に対して、なるべくその方の名前で呼ぼうと心がけてる。
名字でなく下の名前。


ナチュスタのオーナーだった麻紀さんが、まだそんなに親しくお付き合いしてないうちから私を下の名前で呼んでくれて、すごく耳に心地良かったから。


息子あっての私でもなく、おこめ家の中の私でもなく、私自身を呼んでくれたという感覚。

みなさん、どお?
[2012/09/16 14:09 ] | ふと思った事 | コメント(14) | トラックバック(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。